ページトップへ戻る

当センターについて

当センターについて

センター長挨拶

理念・目的

概要

沿革

医療型障害児入所施設・療養介護事業所
伊豆医療福祉センター

〒410-2122
静岡県伊豆の国市寺家202番地
TEL. 055-949-1165
FAX. 055-949-5303

社会福祉法人恩賜財団 済生会

恩賜財団 静岡県済生会

サイト内検索

TOP >  当センターについて

センター長 挨拶

施設長 佐藤倫子

入所児は、当初はリハビリテーションを目的とした整形外科疾患の方が多かったのですが、次第に小児神経科疾患の方が増加し、精神運動発達遅滞の児童の方の割合が増えてきました。
平成4(1992)年4月には病棟、平成5(1993)年9月には診療棟及び訓練棟の改築が完了して、同年10月には「伊豆医療福祉センター」と名称を変更しました。

重度の知的障がいと重度の肢体不自由を重複する重症心身障がい児の方の割合が全体の入所児の8割を占めるようになり、摂食・嚥下障がいに対するリハビリテーション、呼吸障がいに対する呼吸リハビリテーションと必要とされる援助も広がってきました。
平成16(2004)年4月から、静岡県からの要請もあり「重症心身障がい児施設伊豆医療福祉センター」として再出発しています。
平成24年4月からは、県立から済生会による民立となり、大改修工事が平成24年11月から25年11月にかけて行われ、新しく生まれ変わっています。
法律の改正もあり、24年度から入所施設として児童は、医療型障がい児入所施設(まいか)、成人は、療養介護事業所(にじ)のほか、小児科、小児神経科、発達行動小児科、小児脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、障がい児歯科など多岐にわたる外来診療を行い、理学療法・作業療法・言語聴覚療法・心理療法などの入所・外来リハビリテーション、児童・成人の短期入所事業、未就学児の通所「児童発達支援センター(ポレポレ)」、成人の通所「生活介護事業所(こすもす)」、コーディネーターを中心に障がい児(者)地域療育支援事業、発達障がい者支援センター機能強化事業などを行っています。

特に、近年、自閉症スペクトラムをはじめとする発達障がいの方の外来診療が著しく増加し、発達障がいに対応した作業療法、言語聴覚療法、SST(Social Skill Training)、Family Trainingなどの需要が増加しています。
また、学校、幼稚園に対する対応方法の指導も増えています。
一般の方、学校・幼稚園の先生方を対象とした発達障がいの講演会を3回実施しています。毎回、多数の方に参加していただき、情報提供していけたらと思っています。
地域の健康保健センターによる発達相談、地域におけるリハビリテーションの実施、発達支援のための集まりへの協力も増え、県東部・伊豆地方を中心に各専門職を派遣する機会も増えています。
今後、ますます地域への支援の必要性は増えていき、県東部・伊豆の障がい児者への診療、リハビリテーション、相談支援の中心的役割を担っていくべく機能向上を目指していくつもりです。

理念

私達は障がいをもつ方々の生活の充実・満足を目指して、
チームを組んで医療と療育の総合的支援に取り組みます。

目的

重症心身障がい児(者)の療育訓練、生活援助をはじめとして、
通園保育、短期入所、療育相談、障がい児(者)の外来診療など、
障がいのある方への地域における総合的な療育を目的としています。

概要

名称 伊豆医療福祉センター
住所 〒410-2122 静岡県伊豆の国市寺家202番地
設置・管理 社会福祉法人恩賜財団済生会支部静岡県済生会
敷地面積 8,035.00㎡
建物面積 4,551.59㎡(内訳 1階4,147.01㎡ / 2階404.58㎡)
建物構造 鉄筋コンクリート・鉄骨造亜鉛メッキ鋼板・合金メッキ鋼板ぶき・陸屋根2階建
事業内容
  • 外来診療部門(小児科・発達行動小児科・整形外科・歯科)
  • リハビリテーション部門
    • 理学療法(PT)
    • 作業療法(OT)
    • 言語聴覚療法(ST)
    • 心理療法
  • 医療型障害児入所施設
  • 療養介護事業所
  • 生活介護事業所
  • 児童発達支援事業
  • 短期入所事業(ショートステイ)
  • 日中一時支援事業
  • 相談支援事業
    • 静岡県発達障がい者支援センター機能強化事業
    • 静岡県障がい児(者)地域療育支援センター事業
    • 特定相談支援事業・障がい児相談支援事業

沿革

昭和40年 9月 静岡県が児童福祉法に基づく肢体不自由児施設伊豆療護園として設置開園 定員50名
昭和41年 4月 県立養護学校東部分校開校(同一敷地内)
昭和42年 3月 母子棟増築、定員54名に変更
昭和44年 5月 県立養護学校東部分校が隣接地に移転
昭和45年 5月 訓練棟増築
平成 4年 4月 病棟改築完成
平成 5年 9月 診療棟・訓練棟完成し全面改築完了
平成 5年10月 『伊豆医療福祉センター』に名称変更
平成16年 4月 児童福祉法第43条の4に基づく重症心身障がい児施設伊豆医療福祉センターへ種別変更
定員43名
平成24年 4月 静岡県済生会に移管
法改正により、児童は「医療型障がい児入所施設」、成人は「療養介護事業所」に変更
平成24年11月 大改修工事開始
平成25年11月 大改修工事完成

ページのトップへ戻る